学校の安全対策WEB事例

NPO-ROISが推奨する「震災時の保護者との連絡体制」強化策

地震が発生してから、3時間が重要です
◆NPO法人ロイズでは、災害時に大規模な停電が発生した場合の連絡体制を踏まえた、
 会員校向けの新たな連絡システムを構築いたしました。
◆地震発生後3時間以内に、学校と保護者との相互連絡をして安否を確認する体制が可能です。

登下校メール配信
※生徒・児童が災害時、学校の中にいるのか、いないのか。
災害が起きる前に、登下校メールが配信されることで保護者は判断できます。
一斉配信・連絡メール管理
※他のメールシステムと異なり、毎日朝夕同時間帯に登下校メールを1サーバー当たり1万IDへ配信する設定能力が基本となっていますので、災害時の集中利用でも全く問題ありません。 800通/分の処理能力と、関西以西にサーバーを確保しており、災害時にはネットワークが生きていればどこからでもメール配信が可能です。
学校WEB携帯サイト閲覧報告
※携帯で見れる緊急連絡サイトを用意。
保護者には、事前にQRコードでお知らせしておき、連絡メールが遅延する場合、閲覧していただき、閲覧した返事をデータベースサーバーに登録してもらう。
メールと異なり、リアルタイムで登録確認ができます。
災害時被災報告システム
※児童・生徒が災害時報告カードを携帯し、携帯サイトからデータベースサーバーに、居場所情報を登録でき、 学校側は、サーバーからリアルタイムで非難情報を把握出来ます。

デモサイトの管理画面閲覧のためには、ID、パスワードが必要です。
こちらより、ご登録ください。確認後、ID、PWをお知らせいたします。

ページの先頭へ